banner

どなたでも合同会社設立

◆サラリーマンでも可能な合同会社の設立

サラリーマンで副業をしている人は、多くの資金が必要ではなく、書類手続きも簡単なので合同会社の設立を検討すると良いでしょう。合同会社の設立は敷居が低く、株式会社ほど条件の厳しいものではありません。しかし、合同会社になれば節税効果などが上がることが期待できるので、それなりに儲かっているなら、法人化することを検討してみると良いでしょう。

合同会社の場合には、株式会社ほどの規模がなく、信頼性はあまり向上しません。顧客獲得や信頼性の向上を目指すなら、株式会社を作ってしまった方がいいでしょう。資金が多く必要となり、書類手続きも煩雑となりますが、合同会社から株式会社にするのは難しいので、初めから株式会社を作ってしまった方がいいからです。

サラリーマンを辞めた人も簡単に会社が作りたいなら合同会社を検討してみるのも手です。簡便性がありますから、事務手続きに煩わされたくない人向けだからです。節税効果は上げたいが、面倒なことはなるべく避けたい人向けなのです。人にも向き不向きがあるように、合同会社には合同会社向けの業種があります。合同会社設立の力になる専門家に相談することでより実現に向けて進むことになるでしょう。

会社としては合同会社は規模が小さく、ビジネスとしても小さなビジネス向けですが、会社を作れば、社長になれるというメリットがあります。社長になれば、ビジネスの決定権をもてますし、自由に仕事ができるので、とてもビジネスがやりやすくなります。さらに、勤めていると会社にマージンを取られてしまいますが、社長であれば、儲けた分はそのまま収入にすることもできます。

そして、経費を自由に使えるのも大きなメリットになります。交際費などはすべてを損金にすることはできませんが、顧客や取引先と自由に飲み食いをしやすくなります。さらに、パソコンや車なども会社のお金で買えるようになり、かなりの資金力を持つことになることでしょう。

法人を作ってみれば分かることですが、自由に使えるお金は多くなりますが、税金は格段に安くなる場合がほとんどです。色々な経費により、収益を減らして申告することができるからです。サラリーマンでもある程度の役職になれば、ある程度の経費の使い込みが許されますが、社長になれば、ある程度の経費の金額を決める権限自体を持つので、実質上、いくらでも使えるわけです。
休暇や営業時間なども自由に決めることができ、気に入らないビジネスや都合の悪いビジネスは廃止にすることも可能です。嫌な取引先や仕事は断ることも可能になるのです。よって、ストレスが少なく働けるようになることが多いです。

Copyright(c) 2014 合同会社で設立するとここがお得! All Rights Reserved.